ファッション

Posted : 2014.10.30

迷彩ファッションは軍服より先にあった?! 秋の定番ミリタリーファッション♪

秋冬ファッションの鉄板といえばミリタリー、迷彩柄♡

流行りファッションアイテムにとらわれることなく大人気です♡

そんな定番のミリタリー、迷彩柄の元は軍服なのはご存知かと思いますが、軍服生地が何故こんなにも現在のファッションに人気になっていったのかを気になったので調べてみました☆

1914年、フランス軍の車両に最初の迷彩パターン塗装が施されたとき、ドイツ帝国軍進攻までの3週間にパリのファッションデザイナーはそれらを観察して、その抽象的なパターンを婦人服に取り入れたのだそう。

つまり、迷彩柄は軍服、戦闘服に採用されるより前に民間ファッションに取り入れられていたということになるんです!!!

1960年代以降、世界大戦を経て迷彩柄は徐々に軍国主義的なイメージを帯びるようになり、戦後しばらくは芸術やファッションの分野で使用されることにはなりましたが、

1970年代に入ると、迷彩柄は反戦のシンボルというよりも若々しさを象徴するデザインとして受け入れられていき、ハイファッションの分野ではローランド・チャカル、スティーブン・スプルースらなどが1990年代まで迷彩柄を使用し、

1990年代以降も迷彩柄の使用は一過性の流行に終わることはなく、
クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、シャネル、アルマーニ、イブ・サンローラン、などの有名ハイブランドが迷彩柄を取り入れたデザインを発表し、親しまれるようになり、

今現在も、こうしてファッションに馴染み多く取り入れられているというわけなんです!!!

ミリタリー、迷彩柄には
とても深い歴史があったんですね☆

シャツやジャケット、ボトムス
どこに持ってきても
グッと秋冬ファッションらしさが増しますね♡

クラッチバッグも今季はミリタリー、迷彩柄大人気です♡

困ったときは‘鉄板ミリタリー’

ミリタリー、迷彩柄アイテムを1つ持っていると便利なのでおすすめです♡


Writer: ASAMI

Posted : 2014.10.30